初めて進学先を違える者。
もう一つの居場所を見つけた者。



主人公・高岡槭といつも一緒だった幼馴染たちも、
大人へと近付くにつれて確かに変わり始めていた。

それでも6人の関係は、
たとえ変わってしまっても絶たれるものではない。

その時が訪れるまでは。

月明かりに照らされた夜、
槭の枕元に立った白装束の女性が彼に訊ねた。



「まだ、大丈夫なの?」と――





ビジュアルノベル   サイトトップ