『はるの守り人』
人体以外のあらゆる物質をすり抜ける異形『霊魔』と、その霊魔を唯一倒し得る力『霊渉』を持つ霊渉者が存在する世界。主人公「星名錬」は『霊渉』を持たないどころか、『霊魔』を視覚することすら出来ないというハンデを背負った高校3年生であった。

縦書き(PDF)で読む。
横書き(小説家になろう)で読む。




戻る   サイトトップ